結婚式二次会の席がお見合いの席になりました。

同じ年の従姉妹が結婚式を挙げました。「二次会はお洒落なレストランでする予定」と従姉妹は嬉しそうでした。従姉妹の結婚式ですから、二次会へ行っても顔見知りもいません。二次会に参加するのは諦め、両親たちと帰宅するつもりでいました。しかし、従姉妹が「二次会にも来て」と言ったので、渋々参加をすることにしました。

二次会に参加をしたものの予想通り壁の花になってしまった私は「帰りたい」と思い始めました。従姉妹に挨拶をして帰ろうとしたとき、濃いめのグレーのフォーマルスーツを着た男性が私の前に来たのです。

関連サイト 結婚式二次会 服装 男性

「新婦のご親戚の方ですよね。新婦も綺麗ですが、貴女も素敵ですね。」と声を掛けてくれたのです。

濃いめのグレーのフォーマルスーツの中に、淡い桜色のドレスシャツが素敵な彼は、「貴女のピンクのドレスと合うと想いませんか。」と自分を指さしました。

「えっ?」と聞き返すと「新婦に貴女が二次会に参加してくれるように頼んだのは僕です。」と彼は微笑んだのです。「できたら友人としてでも、お付き合いを考えて欲しくて・・」と彼は言葉を続けました。私は素敵なファッションの男性にお付き合いを申し込まれ、二次会の席が想わぬお見合いの席に変わってしまいました。

一年後私たちは、グレーとピンクを基調とした衣装で結婚式を挙げました。